タグ別アーカイブ: 会心の出来

謎な日本語メニュー>大連久光内の「零度空間」編

久しぶりに大連駅近くの久光百貨店の食堂街にある「零度空間」にきました。(行ったのは1月23日(土)とだいぶ時間は経ってしまったのですが…)

ここの特色は「謎な日本語メニュー」なのですが(嘘)、「会心の出来」と言わざるを得ないネーミングセンスの数々を写真に撮ったのでブログに載せます。

※2月1日(月)現在のRateで換算(1元≒18.45円)

さて、一発目はメニュー番号も000番という…
「ゴールデンゲートブリッジざくろ鶏肉巻です」18元≒332円
というネーミング。

「ゴールデンゲートブリッジざくろ鶏肉巻です」

「?」…と思いつつも、ご丁寧にありがとうございます…と人知れず頭を垂れている私。

「マンゴー甘い桃トースト」…38元≒701円
は、一瞬「ここまでは許容範囲かな」…とも思えるところが絶妙なネーミングですが、なんか雲行きの怪しさを感じ始める自分。

マンゴー甘い桃トースト

「蜜が探している小さなアーチの門」…18元≒332円
なのですが、英語の名前も「 Looking for a best friend 」…と、普通に文章になっていますが…。何の関連性があるのかは未だ持って不明です。

蜜が探している小さなアーチの門

「豆腐が一品国賓歓迎晩餐会」…35元≒645円
このあたりも素晴らしいネーミングセンスを感じさせます。

豆腐が一品国賓歓迎晩餐会

「台式」=台湾式…ですが、デスクトップと翻訳してしまっています。

デスクトップサーロインの煮る」…38元≒701円

デスクトップサーロインの煮る

ここから怒濤の過去形編

続きを読む 謎な日本語メニュー>大連久光内の「零度空間」編

人生というのはシーソーで遊ぶと一緒

日頃お世話になっている中国製豪華バックドア付きのソーシャルコミュニケーションアプリである「WeChat」のモーメントで流れてきた一枚の画像。

日本語なんです。もちろん中国語版もあるのですが、中国国内で日本語が分かる中国人メンバーでシェアし合っているようです(意図は不明)。

教訓
教訓

途中までは「人生の教訓ッスなぁ(棒読)」と読み進めていたにも関わらず、最後の落ちにたどり着いた瞬間「こ、これは今の中国国内の成金達を鮮やかに華麗に表現しているー!!!(超早口で脳内変換希望)」と言わざるを得ない会心の出来!かと…寝る直前の暗い部屋のベッドの上に横たわりながら携帯を見ていた私が無意識に「ニヤリ( ̄ー ̄)」としてしまったことはここだけの秘密です。